学べる環境を確保する塾|自分にあった学習方法

学習

モチベーションを保つ方法

勉強道具

プラス思考で休息すること

人間には急にやる気がなくなってしまうことがあります。しかしある意味、これは良い傾向です。なぜなら、やるべきことがあるからです。本当に始末に負えないのはやるべきことがなく、そのことで悩む場合です。やる気がなくなったのなら、やる気スイッチを押す方法を考えればいいわけです。しかしやるべきことがない場合、サポートのしようがないのです。以上のことから言えることは、やる気がなくなってもプラス思考で考えることが大事だということです。そう思って、焦らずのんびり休息することです。注意すべき点は、無理にやる気スイッチを入れようとしないことです。無理にやる気スイッチを押すと、心がやる気を起こす準備ができていないのでかえってやる気を失わせる結果になりやすいのです。

自信を回復させるのが大事

大学受験の勉強でやる気がなくなった場合の特徴は、モチベーションが下がってしまうことです。模試の結果が思ったより悪かったりすると自信がなくなり、不安な気持ちの方が大きくなります。心が弱気になっている隙をついて、やる気がなくなる気持ちが生まれるのです。このような時に大事なのは自信を持たせることです。やれるという自信を持てれば、自然にやる気スイッチが入ります。そして一旦挫折しかかった地点から回復するため、その反動でモチベーションを以前よりも強く持てるようになります。そうなると大学受験を突破できるパワーを持てます。自信をもう一度回復させるためには、今までやった勉強の復習をやることです。やる気がなくても、機械的に手を動かすことです。短時間でもそれを続けると、次第に自信が生まれてきてやる気スイッチが入ります。